参加劇団(2010)
参加劇団

A組(上演順) B組(上演順)
リッシンベン少年少女探検隊 牛乳地獄
ゲボゲボ 孤独部
劇的ショウゲキジョウ 体 現 帝 国
虚構オメガ ザ・シャカリキ
オレンヂスタ チェルシイとバニーガール

オレンヂスタ
2009年、作・演出ニノキノコスターと主宰佐和ぐりこにより設立。
マクロな社会問題をミクロな視点で見つめ、オリジナルソング、変なダンス、シュールな小ネタを交え、ロッキンポップに仕上げる作風。いくつもの伏線が収集していきそうでいかないモラトリアム演劇。音楽に例えるとミクスチャーロック。ギターを壊したがる。
タイトル
  • 音速カタツムリ
構成・演出
  • ニノキノコスター
出演
  • 今津知也・浦麗・佐和ぐりこ・ニノキノコスター
牛乳地獄
2010年4月発足、同年7月旗揚げ。
人間に影響する様々な『音』をツールに、社会問題を独自の視点で表現、文系よりも理系、肉食系より草食系、リンゴより味噌汁の考えを肴にシュールで測定不能な演劇を企てる集団である。
タイトル
  • SO・BA
作・演出
  • 桐原工務店
出演
  • 服部半僧・川口たくと・渋谷平行・桐原工務店・真臼ねづみ(劇団「放電家族」)・他
虚構オメガ
2009年4月『虚構オメガ』立ち上げ。
声による表現に特化し、戯曲や詩などのリーディングを中心とした活動を進める。数人でひとつの文章を高速で紡いでいく『マシンガンリーディング』という手法を編み出し、団体の特徴のひとつとしている。
タイトル
  • A
作・演出
  • 長谷川公次郎
出演
  • 秋葉由麻・上西久美子・角田彩(名古屋大学劇団新生)・加東サユミ・長谷川公次郎
劇的ショウゲキジョウ
芝居好きなコたちが集まる演劇ユニット。
1.カラダ酷使
2.コ性丸出し
3.ミせるべし
…の3つ+αを目標に日々精進中。
メンバーは全員癖強し。
この癖を活かしながら、劇的色に統一させお客様に楽しさかつ興味深さをお届けします。
FUNNYかつINTERESTING!
タイトル
  • 芝居を創ってみた〜つけてミソ?かけてミソ!〜
作・演出
  • ばやん
出演
  • 青木謙樹・内山ネコ・可児久実・小林宜正・椎葉星亜・柴原望世子・恒川時宏(劇団Hi-T Growth)
ゲボゲボ
2010年7月右角81により結成。東京や関西の演劇に感銘を受け劇団を結成。
有り物をかき混ぜた様な作風で、予定調和を思い描き、誰も納得がいかないハッピーエンドを迎える事を目標にする。ダサい事がカッコいい思いこんでいる節がある。
タイトル
  • 立てよ、小久美!!
作・演出
  • 右角81
出演
  • 遠藤唯・右角81
孤独部
樫山重光・平岡杏菜の二人によるユニット。
2009年5月より、名古屋のライブハウスを中心に活動する、一風変わった団体。
二人での寸劇から客演を招いたりと様々な形の作品は、一貫して「孤独」をモチーフにしており、若者に共感を呼んでいる。
これまでに自主企画イベントを行ったり、東京や神戸でも上演するなど、独自のスタイルで精力的に活動。劇場での上演は今回が初めて。
タイトル
  • ぐるぐる/名前/壁
作・演出
  • 樫山重光
構成
  • 孤独部
出演
  • 樫山重光・平岡杏菜
ザ・シャカリキ
1995 年設立。現在は大和田忍が、作/演出をつとめる。
名古屋・岐阜を拠点に活動する演劇・パフォーマンス集団。
各種イベント等への参加やモデル業も行っており、劇場やライブハウスから、近所の公民館までその活動の場は多岐にわたる。真剣なバカを生み出す事を目標とし、絵本のような舞台づくりを目指している。
タイトル
  • 変態ホルモン
作・演出
  • 大和田忍
出演
  • 大和田忍・鈴木亜由子
体 現 帝 国
2008年5月に渡部剛己が旗揚げした劇団 現在団員は2名。愛知・三重を中心に活動。 恒常的に身体訓練を行い、演劇でしか成し得ない作品を目指し制作する。 年に1度以上の公演、数回の実験演劇を予定。 また、それらに伴う稽古、観劇、関連広報物作成。
タイトル
  • アイドル狂時代―過去と現在の錬金術―
構成・演出
  • 渡部 剛己
配役
  • アイドル:渡部剛己
  • 医者/夢と希望:大橋謙一
チェルシイとバニーガール
2008 年名古屋で活動を開始。2009年劇団化。即興性の高い芝居を軸に、お笑いや歌を取り込んだ複合的な表現活動を目指す。若者の苦悩や鬱結した感情という、ともすれば重く暗くなりがちなテーマを、童話的なストーリー展開と現実と幻想が入り乱れる構成、これでもかというほどの笑いの応酬で昇華する。
タイトル
  • クロスフェード
作・演出・構成
  • 伊倉雄
出演
  • 棚橋愛・澤井しおり・大塚美紀子・林優・後藤章太・伊倉雄
リッシンベン少年少女探検隊
葱玉悠を中心に今春旗揚げされ、「ラスト・プレイ・パスト」「猫と針」などを上演。
作風はまだ揺らいでいるが、ストーリー性、エンタメ性、シリアス性を重視した芝居をいつかやる。 「検」と「険」を間違いやすい。
タイトル
  • 初日:『名駅金時計前12時40分集合』
  • 2日:『名駅金時計前17時40分集合』
構成・演出
  • 葱玉悠
出演
  • 植木貴大・葱玉悠